疲労ケアでホルモンバランスを整えつらい月経痛をやわらげよう

疲労回復

監修

+kampo
薬剤師 笹森有起

編集

医療ライター
薬剤師 森本夏子

「生理痛がつらくてベッドから動けない」
「ひどい月経痛で仕事や家事に集中できない」

毎月のつらい月経痛に悩まされていませんか?

実は日々たまった疲労は、月経痛を悪化させる要因のひとつ。

また月経痛によるストレスでさらに疲労を深める悪循環を生み出します。

正しい疲労ケアで月経痛を緩和することが可能です。

この記事では、レディースクリニックからの処方に豊富な経験を持つ薬剤師が以下の内容を紹介します。

  • 月経痛の原因と悪化する理由
  • 疲労と月経痛の関係性
  • 月経痛をやわらげるカンタンな疲労ケア方法

たまった疲労を解消して、つらい月経痛から解放されましょう!

 

疲労は月経痛を悪化させる!

疲労は月経痛を悪化させる積み重なった疲労は大きなストレスとなり、女性ホルモンのバランスを崩します。
女性ホルモンの乱れは月経痛を強める原因に。

この章では月経痛の原因と、悪化する理由について解説します。

月経痛の原因はプロスタグランジン!

女性ホルモンには2種類あり、その特徴は次のとおりです。

エストロゲン(卵胞ホルモン) 妊娠の準備をするホルモン
プロゲステロン(黄体ホルモン) 妊娠の継続をサポートするホルモン

これら2つの女性ホルモンのバランスによって、女性の体はさまざまな影響を受けます。[1]

月経周期

引用 国立スポーツ科学センター 女性アスリートのコンディショニングー月経との関わり方ー

女性ホルモンの作用によって子宮内膜は厚くなり、いざ受精卵がやってきたときに着床できるよう準備をします。

妊娠が成立しなかった場合、この子宮内膜がはがれ落ちて体の外に排出されるのが月経です。

月経中はプロスタグランジンという生理活性物質が分泌されます。

プロスタグランジンは子宮を収縮させ、はがれ落ちた子宮内膜と血液を経血として体の外に押し出す働きをします。

またプロスタグランジンは別名「痛みの元」とも呼ばれる発痛物質です。

プロスタグランジンの分泌量が多いと、子宮が過剰に収縮し陣痛のような痛みを感じることも。
この痛みを月経痛もしくは生理痛と呼びます。

厚生労働省が行った調査では、月経痛の程度が「かなりひどい」「ひどい」と答えた人は全体の30%近くに上りました。[2]

月経痛
引用 厚生労働省 働く女性の健康に関する実態調査結果

多くの女性にとって月経痛が大きな問題であることが分かります。
では、ひどい月経痛を引き起こす原因はどのようなものがあるのでしょうか。

月経痛を悪化させる要因とは

月経痛を悪化させる要因はさまざまです。

  • 体の冷えによる血行不良
  • 疲労
  • ストレス
  • 子宮内膜症や子宮筋腫などの病気 など

中でも疲労やストレスは現代人と切っても切り離せない関係です。

ある製薬メーカーで入社1~3年目の女性400人に対して行った研究があります。[3]

月経痛の程度を入社前後で比べると、約45%の女性が「かなり重くなった」「やや重くなった」と回答しました。

さらに1年目、2年目そして3年目と進むにつれて、月経痛が重くなったと感じる女性が多くなる結果に。

月経痛が重くなったと答えた人に原因をたずねると、ストレスが約7割、忙しさが約4割という回答でした。

日々のストレスや疲れは、月経痛を悪化させる大きな要因と分かります。

また生活に支障が出るほどの月経痛は、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が隠れていることもあります。
早めに婦人科を受診して、専門家に相談しましょう。

疲労によるホルモンバランスの乱れが月経痛の原因に

ホルモンバランスの乱れが月経痛を悪化女性ホルモンは、脳の視床下部から脳下垂体、そして卵巣へと指令が伝えられて分泌されます。
また、自律神経をコントロールしているのも視床下部です。

よって、自律神経が乱れると、女性ホルモンのバランスにも影響を及ぼしてしまいます。

自律神経を乱す原因のひとつが慢性的な疲労です。

疲労と月経痛の悪循環を断ち切るには

慢性的な疲労は自律神経を乱し、月経痛の悪化へとつながります。
一方で、月経痛による精神的・肉体的ストレスもさらなる疲労を引き起こす原因に。

疲労と自律神経についてはこちらの記事で解説しています。
自然治癒力を高めて自律神経を整えよう!

疲労と月経痛はお互いを強めあう悪循環となってしまうのです。
この悪循環を断ち切るためにも、体の内側から疲労ケアを行って月経痛を改善しましょう。

月経痛を軽くするには体の内側からの疲労ケアが重要

疲労には一時的な疲労と、慢性的な疲労があります。

たまった疲労を改善するには、マッサージなどの外側からの力だけではなく、内側からのケアで根本的に解決することが重要です。

慢性的な疲労を解消し、月経痛をやわらげるポイントは以下のとおりです。

  • 血行の改善
  • 自律神経を整える
  • 「気」「血」「水」のめぐりを良くする

コツを抑えてケアすることで、効果的に月経痛をやわらげることができます。

「気」「血」「水」とは漢方医学の考えです。
漢方医学に関しての詳細は、こちらの記事をチェクしてください。

【漢方医学】心と身体を漢方で整える

 

すぐにできる!月経痛に効果的な疲労ケア方法4選

疲労ケアこの章では筆者おすすめの月経痛をやわらげる疲労ケアをご紹介いたします。
気軽にできるものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

1.下腹部を温めて血行アップ

体が冷えて血行が悪くなると、経血がスムーズに排出されず月経痛を悪化させることに。

また血流の悪化により、痛みの元・プロスタグランジンが骨盤内にたまり、さらに痛みを感じやすくなります。

プロスタグランジンの作用で血管が収縮すると、血行の悪化が加速し、体が冷えるという悪循環におちいります。

この流れを断ち切るには体を温めるのが有効!
特に子宮のある下腹部をしっかりと温めます。

ひざ掛けやカイロなどで下腹部や腰をじんわりと温めて、血のめぐりを良くしましょう。

2.ハーブティーを飲んでリラックス

温かいハーブティーで体を内側から温めると、めぐりを良くしてくれます。

また、ハーブは種類によってさまざまな作用を持っています。
月経時におすすめしたいハーブは以下のとおりです。

カモミール
  • 気持ちをリラックスさせる
  • 血のめぐりを良くする
  • 月経前症候群
  • いらだち
ラズベリーリーフ
  • 子宮の収縮を調整
  • 月経前症候群
  • 月経痛
ローズヒップ
  • ホルモンバランスを整える
  • 月経痛
  • 月経不順
チェストベリー
  • ホルモンバランスを整える
  • 月経痛
  • 月経前症候群
  • 月経不順

ハーブティーの中には薬やピルと飲み合わせが悪いものもあります。
服用中の薬がある方は、医師や薬剤師にご相談ください。

3.生活リズムを整えてスムーズな生理に

生活リズムの乱れは、自律神経や女性ホルモンのバランスを崩すことも。
毎日同じ時間に起きて日光を浴びると、体内時計がリセットされ自律神経を整えます。

自律神経が整うと幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの分泌量がアップ。

セロトニンにはやる気を起こさせる作用や、ストレスをやわらげる作用があります。

ストレスが軽くなることで、月経痛の緩和が期待できます。

自律神経を整える過ごし方については、こちらの記事をご参照ください。
自律神経を整えて「健やかな自分」になれるライフスタイル

4.月経痛をやわらげるツボ

月経痛を緩和するツボでセルフケアするのもおすすめです。

東洋医学では、「気」「血」「水」がバランスよくめぐっている状態を健康な状態と考えています。
ツボを押したり、温めたりすることで「気」「血」「水」の流れを整えて不調を改善します。

月経痛におすすめしたいツボは次のとおりです。[5]

 

合谷(ごうこく) 手の親指と人差し指の間のくぼみ 合谷
気海(きかい) おへそから指2本下 気海
関元(かんげん) おへそから指4本下 関元
中極(ちゅうきょく) 関元から親指1本分下

ツボ押しの際は強く押さえすぎず、気持ちいいと感じる程度に優しく押しましょう。
また、温める場合はホットパックなどで3~5分が目安です。

月経の始まる1週間前からケアを試してみてください!

上手に疲労を解消して毎月の月経痛を改善

疲労ケアで月経痛を改善この記事では以下についてお伝えいたしました。

  • 月経痛が起こるメカニズム
  • 体を温めて血行を良くすると月経痛をやわらげる
  • 自律神経やホルモンバランスを整えるのは月経痛に有効
  • ツボ押しは東洋医学の力で月経痛を緩和する

慢性的な疲労は女性ホルモンのバランスを乱し、月経痛の悪化のほか、月経不順やPMSと呼ばれる月経前症候群を引き起こすこともあります。

女性にとって、不調に悩まされない日々を送るためにも、疲労の解消は大切です。

ぜひ、たまった疲労を解消して、月経痛に悩まされない生活を手に入れましょう!

東洋医学の力で慢性的な疲労を改善したい方は、プラス漢方を試してみませんか。
漢方は体の中から「気」「血」「水」を整えて、疲労回復をサポート。

+kampoでは慢性的な疲労を感じている方におすすめの漢方をご用意しております。

 

 

【参照】
[1]国立スポーツ科学センター スポーツ医科学最前線 第16回 女性アスリートのコンディショニング-月経との関わり方 

[2]厚生労働省 働く女性の健康に関する実態調査結果

[3]Lidea by Lion 新社会人女子が感じる「重〜い生理痛」!実はストレスが原因!?

タイトルとURLをコピーしました