今日から実践!顔のむくみを解消する疲労ケア

顔のむくみシリーズ③ 生活習慣

監修

+kampo
薬剤師 笹森有起

編集

医療ライター
薬剤師 森本夏子

こんにちは!+kampoです。

顔のむくみについての原因と、むくみにつながる習慣を解説しました。

今回の記事では、顔のむくみを解消する疲労ケアを紹介します。

今日から実践できるので、ぜひ試してみてくださいね。

顔のむくみの原因については>>たまった疲労が原因!?顔のむくみの理由を解説

むくみにつながる生活習慣に関しては>>顔のむくみにつながる!疲労がたまる習慣をチェック

①リンパを流して顔のむくみを改善

フェイシャルマッサージ
顔のマッサージでリンパの流れを良くして余計な水分の排出を促し、むくみを改善します。

  1. 鎖骨のリンパ節をゆさゆさと揺らしてほぐす。
  2. 顎下腺から鎖骨に向けて優しくリンパを流す。
  3. 頬、まぶた、額から耳下腺へリンパを流す。
  4. 再び顎下腺から鎖骨に向けてリンパを流す。
  5. 最後にもう一度鎖骨のリンパ節をほぐして終了。

セルフケアのコツは、力を入れすぎず優しくさすること。
クリームやオイルを利用すると肌への負担も和らげることができますよ。

②顔のむくみ取りにはお風呂が最適

今夜から気持ちよく疲労回復血行改善のためには、湯船に浸かり体を温めることが有効。

また、お湯の水圧はむくみの原因となっているたまった水分を押し流してくれます。
水の流れが良くなることで、翌朝に顔のむくみが起こりにくくなります。

シャワーで済まさず、ちゃんと湯船に浸かって疲労回復・顔のむくみ知らずにつなげましょう。

③カリウムを摂ると水がたまりにくい体へ

たまった疲れが顔のむくみに塩分が多い食事をしてしまったときの対処法は、カリウムを多く含む食べ物を摂ることです。

カリウムは体内にたまったナトリウムを、外に排出するサポートをします。

厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、1日当たりのカリウム摂取の目標量を30代男性3,000mg、30代女性2,600mgとしています。[1]

カリウムを多く含む食品は以下のとおりです。

食品 100gあたりのカリウム含有量 (mg)
とろろ昆布 4,800
ピスタチオ 970
アボカド 720
ほうれん草 490
バナナ 360

ポイントを押さえた食事をすることで、むくみとりが期待できます。

ただし腎機能が悪化している方、腎機能の数値について検査で指摘されたことがある方は、カリウムの摂取に注意が必要なため医師にご相談ください。

④顔のツボ押しでむくみもすっきり

むくみを解消する疲労ケア東洋医学の力でむくみに対処するのはいかがでしょうか。

東洋医学では「気」「血」「水」の流れがスムーズな状態を健康と定義。

むくみは「水滞」と呼ばれ、「水」の流れが悪くなっていると考えられています。
ツボ押しをすることで「水」の流れを良くして、顔のむくみを解消しましょう。

顔のむくみが気になるときには翳風(えいふう)と呼ばれる耳たぶ裏のツボを刺激。

その後、頬から耳下腺へ、顎下腺から鎖骨へとリンパを流しましょう。

ツボを押すときは力を入れすぎず、気持ちいいと感じるくらいで刺激するのがおすすめですよ。

疲労を解消して顔のむくみにさようなら!
今日からぜひ実践してみてください。

+kampoで疲労回復した毎日を

顔のむくみについてまとめました。

  • 慢性的な疲労は顔がむくむ原因に
  • アルコールや塩分を摂りすぎないように気を付ける
  • 疲れケアで血行や水の流れを良くしてむくみとり
  • 野菜や果物を摂って水がたまりにくい体をつくる
  • ツボ押しやリンパマッサージで滞った水を流す

カンタンにできる疲労ケアを試して、顔のむくみに悩まない毎日を送りましょう!

東洋医学の力で疲労を解消し、むくみ知らずの体質を目指したい方には漢方がおすすめです。

+kampoでは、疲労回復に効果がある漢方薬を取り扱っています。

簡単な問診で、あなたにあった漢方をご提案。

ぜひ以下のバナーから問診にご回答ください。

 

 

【参照】
[1]日本人の食事摂取基準(2020年版) 多量ミネラル

タイトルとURLをコピーしました