頭痛は疲労のサイン?頭痛と疲労の解消ポイントを解説

頭痛と疲労の解消ポイントを解説 疲労回復

監修

+kampo
薬剤師 笹森有起

編集

医療ライター
薬剤師 森本夏子

「寝不足で頭が痛い」

「肩こりがひどくて頭痛も」

疲労と頭痛の間には、深い関係があることを知っていますか?
その頭痛は疲労のサインで、身体からのSOSかもしれません。

また、一部の頭痛は重篤な病気の症状でもあり、油断は禁物です。

頭痛はとにかく早く治したいタイプである薬剤師の筆者が、以下の3点を中心に解説します。

  • 頭痛の種類
  • 疲労と頭痛の関係
  • 頭痛を改善して疲労回復するには

つらい頭痛を早く改善し、疲労もすっきり解消させましょう!

 

頭痛には種類がある

頭痛は、頭部の一部あるいは全体の痛みの総称と定義されています。

頭痛を国際的に分類する「国際頭痛分類」は、頭痛を標準化することで、治療にも大きく貢献しています。[1]

頭痛は大きく2つのタイプがあります。

  • 一次性頭痛
    病気など明らかな原因がない頭痛
  • 二次性頭痛
    脳腫瘍や脳出血などの病気が原因で起こる頭痛

一般的な頭痛である一次性頭痛は、さらに下のように分類されます。

【一次性頭痛の分類】 【症状】
片頭痛 片側または両側のこめかみから目のあたりにかけて、ズキンズキンとした脈打つような痛みを生じるのが特徴
緊張型頭痛 一般的な頭痛の中で最も頻度の高い頭痛。頭を強く締め付けられるような痛みが続く
三叉神経・自律神経頭痛(TACs)(群発頭痛) 一般的な頭痛のなかで最もつらい頭痛のひとつ。眼の奥や眼の周囲、前頭部、側頭部に激しい痛み
その他の一次性頭痛 冷たいものを食べたときの頭痛など

 

受診が必要な頭痛

二次性頭痛は脳の病気が原因で起こります。
場合によっては、すぐに受診しないと命にかかわることも。

  • 麻痺、しびれ、言葉のもつれをともなう頭痛
  • 突然起こった激しい頭痛

上のような頭痛はくも膜下出血、脳出血、脳梗塞などが原因かもしれません。
とにかく早く受診し、診察を受けることをおすすめします。

受診した際は、上記の症状が出ていることを、必ず医師に伝えましょう。

疲労と頭痛の深い関係

疲労と関係のあるのは、頭痛の中で痛みが強いタイプの緊張型頭痛と片頭痛です。
疲労と頭痛の関係性を紹介していきます。

疲労からの緊張型頭痛

緊張型頭痛は、頭や首の後ろから肩、背中にかけての筋肉が緊張することで起こる頭痛です。[2]

緊張型頭痛の大きな原因は、身体的疲労や精神的なストレスと考えられています。

同じ姿勢を長時間したり、精神的なストレスを感じたりすると、筋肉が緊張し血液の流れが悪くなってしまうのです。

筋肉が緊張し神経を刺激することで頭痛が起きてしまいます。

疲労からの片頭痛

片頭痛は、こめかみから目にかけて脈を打つように痛みが起こる、20~40代の女性に多い頭痛です。

何らかの原因で神経を刺激し、脳の血管が急に拡がることで起こると言われています。

月に数回、週に数回など周期的に起こるのが特徴です。
痛みは1~2時間ほどでピークとなり4時間ほどで治まることもあれば、数日続くことも。

はっきりと解明されていませんが、以下が原因として考えられています。[3]

  • ストレス
  • 疲れ
  • 睡眠不足・寝すぎ
  • 空腹
  • 天候の変化
  • におい

頭痛からの疲労

頭痛持ちの方はよくわかると思いますが、頭痛は大きなストレスです。

20~40代の働く女性を対象にした調査結果によると、日常生活のガマンで生じるストレスの第1位が頭痛という結果でした。[4]

頭痛をガマンするとストレスになり、ストレス疲れにつながってしまうことがわかりますね。

頭痛を改善することは、頭痛だけでなく疲労回復にもつながります。

 

 

頭痛を改善して疲労回復させる方法

頭痛を改善して疲労回復させるには、どのような方法があるのでしょうか?

ここでは、4つの方法を紹介します。
頭痛が気になる方は、早めに対策してみましょう。

①睡眠をしっかりとる

疲労による頭痛を改善するためには、しっかり睡眠をとり休養することが大切です。

睡眠不足になると、十分に疲労回復できないため頭痛を引き起こしてしまいます。

逆に、睡眠時間が長すぎるのも片頭痛の原因です。

日本人の平均睡眠時間は6~8時間といわれているので、規則正しい生活リズムが大切。

睡眠について詳しく知りたい方には、こちらの記事がおすすめです。
自律神経と睡眠をつなぐ深い関係、眠りの質を高める5つの秘訣

②必要な栄養を摂る

頭痛で困っている場合に積極的に摂りたい栄養素は、マグネシウムやビタミンB2です。

マグネシウム不足は片頭痛の原因のひとつとも言われています。[5]

マグネシウムやビタミンB2はもちろん、疲労回復にはバランスよく栄養素を摂ることが大切です。

疲労と栄養について詳しく紹介している記事はこちらです。
薬剤師が解説!疲労回復に必要な栄養素は?

③アロマでリラックス

頭痛の原因であるストレスや筋肉の緊張を和らげるには、アロマの活用もおすすめです。

痛みをおさえる
筋肉の緊張をやわらげる
  • ペパーミント
  • レモングラス
  • ローズマリー
リラックスでストレス軽減
  • ラベンダー
  • ベルガモット

アロマと疲労について参考になる記事を紹介します。
疲労回復にはお気に入りの香りを!症状別におすすめの香りを紹介

④薬を飲んで治療

最後に、お薬での治療を紹介します。

  • すぐ痛みをとりたい時に鎮痛薬
  • 頭痛の原因を改善する漢方薬

つらい頭痛で困っている方は参考にしてください。

順番に解説します。

鎮痛薬

起きてしまった頭痛を改善するためには、鎮痛薬の服用もひとつの方法です。

それほど症状がつらくない場合は、まず市販の鎮痛薬を試してみるも良いでしょう。

市販の鎮痛薬を飲んでも改善がない場合は、受診をおすすめします。
いつまでも市販の鎮痛薬を続けて飲むと、薬剤乱用頭痛を引き起こしてしまうからです。

頭痛を治すために薬を飲んでいるのに、その薬が原因で頭痛が起きてしまうなんて信じられませんよね。

市販の鎮痛薬を1カ月に15日以上(薬にカフェインが含まれている場合は10日以上)飲んでいる場合は、薬剤乱用頭痛の可能性があります。[6]

薬剤乱用頭痛の治療は受診が必要です。

医療用の薬には鎮痛薬のほかに、片頭痛専用の薬があります。
片頭痛であれば、とてもよく効く薬なので覚えておいてくださいね。

市販の薬 鎮痛薬 ロキソニンSイブAバファリンA新セデスナロンエースタイレノール など
医療用の薬 鎮痛薬 ロキソニン、SG配合顆粒、カロナール など
片頭痛専用の薬 イミグラン、ゾーミッグ、マクサルト、レルパックス、アマージ

漢方薬

漢方の場合は頭だけでなく、体全体を改善することで頭痛を改善していきます。

体質はそれぞれ違うので、自分の症状にあった漢方薬を選ぶことが大切です。

頭痛の効能を持つ、代表的な4つの漢方薬を紹介します。

呉茱萸湯(ごしゅゆとう) 体力中等度以下で、手足が冷えて肩がこり、ときにみぞおちが膨満するものの次の諸症:頭痛、頭痛に伴うはきけ・嘔吐、しゃっくり
釣藤散(ちょうとうさん) 体力中等度で、慢性に経過する頭痛、めまい、肩こりなどがあるものの次の諸症:慢性頭痛、神経症、高血圧の傾向のあるもの
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう) 体力中等度以下で、めまい、ふらつきがあり、ときにのぼせや動悸があるものの次の諸症:立ちくらみ、めまい、頭痛、耳鳴り、動悸、息切れ、神経症、神経過敏
五苓散(ごれいさん) 体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少ないもので、めまい、はきけ、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ、二日酔

漢方の考え方について、こちらの記事でわかりやすく解説しています。
【漢方医学】心と身体を漢方で整える

「頭痛は疲労のサイン」は十分にありえる

今回の記事では、以下のことを中心に解説しました。

  • 頭痛には一次頭痛と二次頭痛がある
  • 疲労と関係があるのは、一次頭痛の緊張型頭痛と片頭痛
  • 疲労と頭痛には相互に原因となっている
  • 頭痛を改善する方法は睡眠、栄養、アロマ、お薬など

疲労が頭痛の原因になるとわかりました。
ということは、「頭痛は疲労のサイン」です。

頭痛がある場合は、無理をせず疲労回復を第一に考えましょう。

鎮痛薬は胃の負担になったり、薬剤乱用頭痛の原因になったりします。

漢方薬は鎮痛薬と違い、頭痛の原因を改善する薬です。
自分の体質、体調に合う漢方薬を知りたい!と思ったら、+kampoに相談してみましょう。

 

 

 

【参照】

[1]一般社団法人 日本頭痛学会>国際頭痛分類>国際頭痛分類第3版(ICHD-3)日本語版

[2]一般社団法人 日本頭痛学会>頭痛ガイドライン>III 緊張型頭痛

[3]一般社団法人 日本頭痛学会>頭痛ガイドライン>II-1 片頭痛-診断・疫学・病態・誘発因子・疾患予後

[4]20代~40代の働く女性600人に聞く、ガマンに関する調査,第一三共ヘルスケア株式会社,2018年7月9日

[5]一般社団法人 松山市医師会 > 病気について知る > 病気辞典 > 片頭痛と栄養素の関係

[6]ロキソニンS > なるほど!痛みの話 > 症状を知ろう「頭痛」 > -04 薬物乱用頭痛

 

タイトルとURLをコピーしました