運動が続かない人におすすめのダイエット法とは?痩せやすい体へ導く漢方薬もご紹介

ダイエットに悩む女性ダイエット・むくみ

「スポーツジムに入会したけれど、何ヶ月も通っていない」
「自宅で筋トレを始めても、3日坊主になってしまう」

ダイエットのために運動を始めたけど長続きできないという人は多いのではないでしょうか。運動のモチベーションを保つためには、どうしたらいいのでしょう?

今回は運動が続かない理由と継続するコツ、そして運動不足の人がなりがちな水太りや汗っかきの改善に有効な漢方薬をご紹介します。

ダイエットを成功させたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

運動が続かない理由|日常に取り入れるコツ

運動が苦手な女性

ダイエットのために運動を始めたけど長続きしない・・・。ではどうしたら続くのでしょうか?日常的に運動を取り入れるにはどうすればいいか、見ていきましょう!

目標がぼんやりしている|具体的に決め、常にリマインドを

ダイエットのために運動をするときは、「ただなんとなく痩せたい」とぼんやりした目標ではなく、具体的な目標設定をするのが大切です。

たとえば「水着が似合う体になりたい」「有名人の○○のような二の腕になりたい」など、理想の体をはっきりと思い描くことは、運動を続けるモチベーションが上がります。

また決めた目標を常に意識したり思い出すことも大切。目標は紙に書いたりスマホの画面に設定するなどして、常に視界に入るようにしましょう。

忙しくて時間がない|まずは簡単なラジオ体操から

運動を初めてすぐに挫折してしまう人は、ハードなメニューを初めからこなそうとするのが原因かもしれません。

無理して慣れない運動をしようとすると、体だけでなく気持ちにも負担がかかり、ストレスを感じたり疲れてやめてしまうことも多いです。

そんな時おすすめなのが、ラジオ体操から始めてみること。

ラジオ体操なら、かかる時間は3分程度。しっかりと手足を伸ばして体操すると、3分でもじんわり汗ばんできますよ。忙しくても朝のスケジュールに取り入れて、毎日続けてやることを目標にしましょう。

モチベーションが上がらない|生活習慣の中に自然に運動を

ダイエットは一朝一夕にして結果が出るものではないもの。いざ運動しようとしてもモチベーションが上がらない日もありますよね。

運動習慣のない人が日常に運動を取り入れるコツは、習慣化していることに運動を組み込んでしまうこと。

歯を磨いているときにヒップアップの運動をしてみたり、テレビを見ながらスクワットをしたりと、気軽にゲーム感覚で楽しみながら運動も習慣化してしまいましょう。

「巡り」を良くして痩せやすい体質に

巻き尺と女性のウエスト

「運動が続かないからどうせ痩せられない…」

なんて思っていませんか?

たしかに健康的な体づくりのために運動はかかせません。筋肉量が増えることで基礎代謝が高まって脂肪を燃やしやすくなったり、血行がよくなってむくみや冷え性の改善にも役立ちます。

でも健康的に痩せるためには、運動と一緒に体質改善をすることも大切。巡りがよく痩せやすい体質になれば、運動の効果が上がってモチベーションもアップするでしょう。

また、体質改善をすることで自分の体質を知るきっかけにもなります。実は運動が苦手な人のなかには代謝が悪く、体内の水分がうまく循環できない体質の人もいるのです。ここで、水分代謝が悪くなることで起こる、水太りと汗っかきの体質について見ていきましょう。

運動不足は水分代謝の低下に?水太りと汗っかきの関係性

汗を拭く女性

運動するときは水分補給を忘れずに、とよく言いますよね。

人間の体は約60%が水分でできています。体の水分は汗や尿とともに排出されるため、水分補給をするのは大切なこと。

しかし水分補給が体重増加の原因になることがあります。これは水太りと呼ばれ、体内の不要な水分が代謝が悪いため排出されず蓄積してしまい、むくみが生じる状態のことを言います。

これって水太り?水分代謝がよくない人の特徴

水太り体質の人には、以下のような特徴があります。

  • 運動不足で体が重く感じる
  • 立っているのが苦手
  • 汗をかきやすい
  • 寝ても疲れが取れにくい

運動不足で筋肉が少なく、体が重いと感じているのなら、水太り体質である可能性があります。立っている状態が苦手で、すぐに座りたくなる人も水太り体質の特徴の1つです。

水分補給しても、うまく排出できなければ余計な水分が体に蓄積。むくみが生じることで、水太り状態に。ぽっちゃり体型の人によく見られます。

水太り体質の人は汗っかき?体の不調のサインかも

暑くないのに汗の量が多い人は、体の水分がうまく巡っておらず水分代謝が低下している可能性があります。

水分代謝とは摂取した水分が体内を巡り、外に出る体のシステムのことです。

本来人間の体に蓄積された余計な水分は、汗や尿と一生に排出されるもの。しかし代謝が悪く体の水分バランスが乱れると、体が発汗異常を起こしてしまうのです。

原因は、運動不足や生活習慣の乱れによって消化吸収機能が正常に働かず、体内の水分がデトックスされていないことが考えられます。

そのため、汗かきの方はあなたの体が不調を感じているサインかもしれないのです。

水太り体質に有効な漢方薬|防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

防已(ぼうい)

水太り体質の人は日常的に行う運動にプラスして、漢方薬の力を借りるのがおすすめ。停滞した体内の水分を巡らせて、痩せやすい体づくりを目指しましょう。

水太り体質、汗っかきの人におすすめの漢方薬「防已黄耆湯」

水太り体質、汗っかきの人におすすめの漢方薬は、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)です。体内の水分代謝消化吸収機能に働きかけ、体の巡りをよくする効果が期待できます。

防已黄耆湯は、以下の内容に当てはまる人におすすめです。

  • 運動不足で筋肉量が少ない
  • 下痢になりやすい
  • 疲れやすい
  • 寒がり
  • むくみが気になる

漢方医学には、「気・血・水(き・けつ・すい)」の3本柱が体の健康を支えているという考え方があります。

この3本柱のうち、水をサポートする漢方薬の1つが防已黄耆湯。体内の水分が停滞している状態を改善し、体のすみずみまで水を巡らせる目的で使用されます。

水の不調を改善することで、気と血の巡りもよくなる相乗効果が期待できます。

防已黄耆湯の配合生薬

  • 防已(ボウイ)
  • 黄耆(オウギ)
  • 白朮(ビャクジュツ)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 大棗(タイソウ)
  • 甘草(カンゾウ)

+kampoでは、RYUREI(流麗)で防已黄耆湯を提供しています。

※+kampoのRYUREI(流麗)は、漢方薬と薬剤師のサポートを含めたサービス名です。
※本サービスで提供される製品は「錠剤防已黄耆湯または防已黄耆湯エキス細粒」です

ただ、漢方薬は飲めば誰でも効果を実感できるというわけではありません。自己診断で漢方薬を服用しても、思うような効果が得られないことがあるのです。

漢方薬は自分の体に合ったものを服用してこそ、効果を発揮します。そのため、漢方医や漢方のわかる薬剤師などの専門家に相談しながら漢方薬を選ぶのがおすすめです。

また、注意が必要なのが、体重を落とすために作られた漢方薬はありません。漢方薬は体の不調を整え体質を改善することにより、本来のバランスの取れた健康な状態に導き、その結果として痩せやすくなることが期待できます。

+kampoではオンライン問診で体質別におすすめの漢方薬を薬剤師がセレクト。自分の体質と向き合い、改善を目指したい人におすすめです。

薬剤師が漢方を選んでくれる!
+kampoのオンライン問診はこちら

ひざの関節痛・むくみにも効果を発揮

ひざの関節痛やむくみが生じる原因として、下半身の不要な水分が蓄積していることが考えられます。

防已黄耆湯は、体内の水分循環を改善することを目的に服用される漢方薬であるため、下半身の水分の循環を促進し、だるさやむくみを解消する働きがあります。

日頃から運動していない人は筋肉がつきにくいため、基礎代謝が低い傾向があります。水分を溜め込みやすい体質であることが考えられるため、防已黄耆湯の服用に加え、冷たい食べ物や水の摂りすぎに注意しましょう。

理想のラインを目指して体の中からアプローチしよう!

笑顔でランニングする女性

ダイエットをしたい方は「運動しなきゃ」と思いつつ、仕事や家事でせわしない日常に運動を取り入れるのは億劫になりがち。

そんな時は、目標を明確に決めて、できる範囲で軽めの運動から始めて日々の習慣に運動を組みこんでいくのがおすすめです。

また、運動と一緒に漢方薬を飲むこともおすすめです。ダイエットのサポート役として、効果の出やすい体へ導いてくれます。

自分の体質に合った運動方法や漢方薬で体質改善をしながら、理想のスッキリボディを目指しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました